ジャビーのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄旅行(2)

<<   作成日時 : 2017/06/19 13:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

コンビニおにぎり3個の朝ご飯を食べてから、ゆっくり泊港に行きました。

画像

10時出港のフェリーとかしきは既に待っていて、すぐに乗船できました。

画像

隣の波止場には出港準備中のフェリ−粟国、

各離島への船がここから出ていきます。

画像

10時に出港、

港の入口には高速道路のアーチが門の様にかかってます。

画像

港の一番外側の埠頭には大型客船が、

天海郵輪社の天海新世紀号、中国の旅客船だと思われます。

画像

渡嘉敷島はすぐに見える距離にあり、息子はずっと船首のデッキに出て、風に当たりながら船旅を楽しんでいました。

画像

海、強い日差しに照らされた夏の海

画像

蒼い大海原を白波をかき立ててすすむ船、

白波を見ているだけで気分をかき立てられます。

子供の頃に母親の里帰りに連れて行かれ、何回か瀬戸内海を走る小さな汽船に乗ったことがあります。
その時の白波を新鮮な記憶として思い出します。

画像

これが目的地渡嘉敷島

画像

予定通り11時10分に渡嘉敷港に到着

すぐにお迎えの車に乗って、お客は我々二人、1時間ほど前の高速船では4組のお客があったとのことでした。

画像

5分も走ると渡嘉志久海岸が見えてきました。

ここは慶良間諸島国立公園の中、この島で住人は渡嘉敷港付近、この渡嘉志久、阿波連の3カ所だけ、とのこと。

画像

海の家というか、この海岸唯一のレストラン我喜屋商店。2階のテラスでバーベキューもでき、また隣には宿泊施設もあるそうです。

ここで着替えやシャワーができ、貴重品の保管庫もありました。

画像

飲み物1本のサービス付き、

沖縄到着して以来、あちこちで「さんぴん茶」を見かけましたので、ここで初めて実物を確認。冷たいジャスミン茶でした。改めて中華圏の近さを実感。

画像

着替えて裏に出るとそこは白い砂浜とコバルトブルーに輝く海、

広いビーチはほとんど貸し切り状態でした。

画像

息子はいつもの浮き輪ではなくライフジャケットを借りて、プカプカ浮いて遊んでいました。

水に入ってみると最初はひやっとしましたが、すぐに慣れて水の中の方が快適な感じ、

画像

砂浜の後ろにはよしず小屋があり、後はゆっくりとしていました。

この右側(北側)は水面下に珊瑚や岩があり、裸足で歩くとけがをしそうですが、シュノーケリングに適しています。

ビーチ中央の遊泳区域は下が砂で、この後息子はそちらに移って遊びました。

画像

お昼は沖縄そば、予定の名物をここで食しました。

麺は太めのしっかり食感、一番の特徴は煮豚、骨まで柔らかくて一緒に食べてしまいました。

画像

コロナ生ビールに続き、コロナ瓶ビール、サービスのライムのかけらを押し込んで楽しみました。

画像

食後は、息子は水の中、当方は渡嘉志久公園の日よけ小屋、

この公園でのんびりしていると、若いグループが帰りがけに声をかけてきた話は既に掲載しました。

その後、深圳の人もここで着替えてシュノーケリングに出て行きました。昨年日帰りで来たが楽しすぎて時間が短かったので、今回は2泊3日とのこと。

この公園はきれいに整備されていました。

3時に戻ってシャワーと着替えを済ませ、4時のフェリーに向け送ってもらいました。

画像

途中、別のハイビスカスが咲く峠道から、阿波連ビーチと渡嘉志久ビーチが展望できました。

画像

これが渡嘉志久

帰りの船内では、二人とも船をこいでいました。

一度ホテルで休憩後、夕食を探して国際通りに行きました。

画像

沖縄料理の店にも気を引かれましたが、息子のことを考えてステーキ居酒屋「牛屋」

300g2000円のサービスステーキ
画像

ニンニクたくさんで焼いたお味は上々、

画像

私の方はアグー豚のスーチカ(豚肉の塩漬け)とか、

画像

海ぶどうでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄旅行(2) ジャビーのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる