浄水器

いろいろな形の浄水器が売られていますが、当家のは10年ほど前にシステムキッチンに変えた時に、一緒にビルトイン型にしました。

シンク面にひらがなの”し”を逆さまにした蛇口が出ていて、フィルターはシンクの下に設置されています。

画像


最近水漏れがするようになり、知り合いに助けて頂き分解してみました。

画像


パッキンを取り替えればいいと、簡単に考えていたのですが、内部は複雑で、とても素人には手に負えないしろものであることが分りました。

メーカのサービスセンターに電話すると、まず自動応答で「この電話は録音されています。」、と物々しい調子で始まり、丁寧なサービス担当の女性が出てきました。

水漏れを伝えると、型式を尋ねられたのですが、「?」と答えると、蛇口の格好はとか、開閉のノブの形状はとか聞かれ、「分りました。スピンドルの交換が必要で、すぐ送ります。代金は後払いで3,990円です。これでダメな場合は、工事費が9,000円です。」とあっさり解決しました。

画像


2日後に送られてきたこれが4,000円、パッキンよりずいぶん高い。

その上、浄水器は6万円位だし、フィルターも1.6万円と考えるとずいぶん高いですね。
浄水器は、水道の蛇口と違って、シンクへの取り付け口も狭い場所にあるため、水道屋さんでは工事が出来ないそうです。取り付け金具が特殊で、専用工具が必要とか。サービスセンターも親切で、上手い商売やってるなって感じです。

スピンドルは自分で交換して、水漏れチェックはOKとなりました。工事を頼まなくて良かった。
計算上は年1万円位のコストかと。そう考えると、ミネラルウオーターを買うのも重いし、まあ、そんなものかな。


昔は空気と水はただ、としたモンですが、今や、水も高いですね。空気も。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック