ママとネズミの戦い

1ヶ月ほど前から、うちの奥さんが異常にネズミを気にし始め、「どうすればいいの?」と私に詰め寄ってくるようになりました。

確かにあちこちにネズミの糞らしき物が朝になると見つかったり、小麦粉の袋を食い破られたり、野菜にかじった跡があったりするようになりました。また、時々天井を走る足音が聞こえたり、隅の方でゴトゴト音がしたりもしました。

しかし私としても、昔からネズミを追いかけ回した事もなく、一緒に平和に暮らしてきた習慣から、聞き流していました。

画像

私のつれない対応に、奥さんはご近所の方に相談してきました。

その方は親切にいろいろ教えてくれたそうです。

ねずみ取りシートを床に広げていて飼い犬に張り付いて大騒ぎになった経験があるので、うちにはポテトもいる事だしこれは扱いに注意が必要だと。

古いねずみ取りがあるので、それを貸してくれることになりました。

そこでねずみ取りを仕掛けたのですが簡単にはかかりませんでした。それどころか、まだ時々夜出没して食料を食べている事が分かりました。朝マヨネーズを使おうと、ぎゅっと握ると手の中にマヨネーズがにゅるにゅると出てきたのです。何事かとよく見るとマヨネーズのプラチューブに小さな丸い穴が空いておりネズミにかじられた跡でした。

その対応として、寝る前に家中の食べものをプラケースやお鍋の中にしまう事にしました。

それから、夜音がすると奥さんは起き出してきてネズミを探す日々が1週間ほど続きました。

夜中に奥さんの「キャー」という声で起こされ、何事かと見に行くと、丸々と太ったネズミがねずみ取りに入っていました。

奥さんによると、ゴトゴト音がして、衣装部屋に行ってみるとネズミがウロウロしていたので、手元にあったアースを吹きかけたそうです。ネズミもあわてたようで巣に逃げ帰ろうとして、通り道にあったねずみ取りに自分から入って行った、との大捕物劇を話してくれました。

これで一安心と思ったのですが、それからも音はするし、ラーメンの袋を破られたりしました。

奥さんの怒りもこの頃が頂点だったかも知れません。

とうとう殺鼠剤(食べると方向感覚を失い、徐々に死んでいく薬)を買って来て、ポテトが届かない所に置いておきました。すると、翌日にはその薬がなくなっていて、ネズミが持って行ったようでいた。

画像


二日後、天井裏に仕掛けていたねずみ取りシートに、小さめのネズミがかかって(注:この写真はネズミが写っていて、むごたらしいので、そのつもりで閲覧して下さい。)バタバタしているのが見つかりました。

このシートは本来箱形に作って、トンネルにしてネズミを捕まえる事もできる設計になっています。

ある晩、玄関で音がするので、夜中に奥さんが見に行くと、そこにネズミがいました。玄関の入り口は戸締まりしてあるので、部屋に通じるドアを閉めると、行く所のなくなったネズミは玄関の間でウロウロしていました。奥さんは部屋のドアを少し開けてねずみ取りシートで作った箱トンネルをその隙間に入れました。するとネズミはダッシュしてトンネルを通り抜けようとして足が引っかかって箱ごと数メートル走って、そこでもがいて足が抜けたのでまたダッシュで逃げてしまったそうです。

「通り抜けるとは思わなかった。ふたをしておけば良かった。」残念!

この時は失敗したのですが、そんな経験もあったので、シートを開いておいたらこれが成功したわけです。殺鼠剤を食べたためかも知れません。

この1ヶ月のネズミとの戦いで2匹を血祭りに上げた奥さんの戦果はたいした物ではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年11月03日 00:45
素晴らしい、続けて頑張ってください。
ジャビー
2015年11月03日 22:09
応援に感謝です。

私はたいしたことはしていませんが、奥さんに頑張ってもらっています。

この記事へのトラックバック