お礼参り

川崎大師のだるまに願掛けして、第一志望校に合格しましたので、お礼参りに行きました。

画像

奥さんが川崎大師が好きで年に一度位の割合で訪問しており、昨年のお参りをした際受験のために買って来ただるまでした。

何はともあれその役を果たして頂いたので、川崎大師に納めに行きました。

連休が始まった日曜だったので、天気は良くここは空いていました。

画像

いつもはずらっと並んだ人を見て避けて通るのですが、弘法大師像にも水かけをすることが出来ました。

画像

お昼はいつもの門前のおそば屋さん。今回改めて名前を確認しましたが、創業明治十七年川崎大師松月庵、しにせのおそば屋さんでした。

少し早めに入ったので、1階は満席でしたが2階席が半分位空いていました。それでも帰る時には入り口にずらっと人が並んでいました。

注文を受けてから作るようで出てくるまで少し時間がかかりましたが、それも楽しい待ち時間でした。

うちはいつも食べるのが早いので、出てくるのが遅い方が話も出来ていいかな、と感じます。連休のゆったりした気分のせいかも。

画像

注文はもう夏日だったこの日の影響で、天ぷらせいろそば。店員さんから「冷たい方ですね。」と2回ほど念を押されました。

エビの天ぷらが1本だけの天ぷらそばですが、その味は保証付きです。

画像

そして息子と私は、特上天ぷらせいろそばです。

並と特上の違い、エビの天ぷらが1本と2本の違いだけだと思っていましたが、天つゆのありなしの違いもありました。持ってくる時に忘れただけですかね?

揚げたてのエビ天と香るしっかりしたそばに満足して、最後にそば湯が出てきました。

今まで見向きもしなかった娘ですが、本場のそばつゆで飲むそば湯にビックリでした。

松月庵のホームページにも、「冴えのあるつゆは伝統のかえし技法から生まれます。」とあり、なんとなく納得でした。

ところで”かえし”ってなんでしょう。

wikipediaですが、かえしとは「煮かえし」の略された物で、蕎麦汁(そばつゆ)に使われる醤油に砂糖、ミリン(場合によっては日本酒など)を加え、しばらく寝かせる事によって作られる調味料で、このかえしを出汁で割って蕎麦汁が作られる。とのことです。

画像

お腹がいっぱいになったので散歩がてら、京急川崎大師駅まで、こちらの表参道はずいぶん寂れている気がしています。

今は裏側に大きな川崎大師の無料駐車場ができ、その回りが開発されてマンションやら首都高のインターらが出来て道も広くなっていました。

画像

東大師駅近くの昔ながらの喫茶店に寄って帰りました。

「パパは喫茶店が好きだね。」とは娘の発言、「そうかスタバも喫茶店だね。」と新たな発見をしたような言葉が続いて驚かされました。

この感覚の違いには時代を感じますね。

画像

ここのアイスクリームが可愛かったので載せておきます。

この店主はおばあさん、古風な店内とのギャップで驚いた次第です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック