春野菜

友達から家庭菜園の野菜を送って頂きました。

タケノコを送ってくれた友達が、今度は春野菜を送ってくれたのです。

画像

新タマネギをこんなんにたくさん送ってくれました。

本当にありがたいことです。

タマネギを使って何を作るか、

画像

昔、海外のフランス料理店で食べたオニオングラタンスープが感激的においしかったので、その後自分で作れないかいろいろ試行錯誤してみました。結局手間暇がかかるのがこの料理の欠点である事が分かりました。

それでもこの新タマネギをを見て、久しぶりにオニオングラタン風スープを作ることに決めました。

タマネギはできるだけ細く切ること。

フライパンにバターを溶かして、あとは弱火でひたすらタマネギを炒め続ける。

画像

30分以上炒め続けると山盛りだったタマネギが、

別にコンソメを溶かしてコンソメスープを作ります。

画像

このコンソメスープにバターで炒めたタマネギを入れ、一煮立ちします。

画像

これをスープ皿にとって焦げ目の付いたパンを入れるとオニオングラタン風スープの完成です。

久しぶりに手間暇かけて作った味は、なかなかのものでした。

新タマネギと、無塩バターをたっぷり使ったので良い味が出ていたようです。
無塩バターを使うのは、塩味はコンソメで十分だからです。

ちなみになぜXX風かというと、本来は焼いた食パンではなくフランスパンを入れてチーズを振りかけてオーブンで焼き上げるとオニオングラタンスープとなります。

今年は5月なのに夏の様に暑い日が続き、熱々のグラタンスープより若干手抜いたこちらの方がいいかと。

画像

送って頂いたのはこのほかに、絹さやとふつう菜もありました。

絹さやインゲンは、おばあちゃんが背側の筋を一つ一つ取って料理していたのを思い出して、筋取りをしてから短時間茹でてサラダで食べました。これが実においしかったです。新鮮な採れたてですから。

画像

絹さや豆の写真です。
このように、豆は2つセットでなるのが多いです。私も自分で作って初めて知りました。


とのお話しを伺いました。

画像

絹さやもたくさん送って頂いたので、炒め物にもしました。

軽く茹でてから炒め、ニンニクと「覇王」(中華ダシの素)で味付けしました。

日本風野菜炒め(いろいろな野菜を一緒に炒める)のもおいしいのですが、中国風野菜の1種類炒めも野菜の味がしっかり味わえるのでお薦めです。

画像

ふつう菜はまだ食べたことがありませんでした。

白い部分を先にゆでること、との注意書きがありましたので、

画像

白い茎部分と葉の部分を切り分けて、こちらも炒めただけで大変おいしかったです。特に奥さんはこちらの方が気に入ったようでした。

春野菜をたくさん食べて、ゴールデンウイークを楽しく過ごしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 金栗四三

    Excerpt: 今年のNHK大河ドラマは歴的上有名人ではなく、オリンピックに関する話題を中心に持って来たようです。 Weblog: ジャビーのブログ racked: 2019-01-27 18:25