一休寺納豆と豆鼓

京都旅行のおみやげに一休寺で一休寺納豆を買ってきました。

画像

発酵した塩豆ですね。

一休寺で試食した時、塩辛さもあり一口飲んだほうじ茶との相性も良かったので、ビールのおつまみに良いかと思いました。
画像


ごはんのお供にも最適とのことでした。

画像

一方一休寺納豆と同じようなものに、中華料理の調味料として使われる豆鼓(トウチ)というのがあります。

野菜炒めなどに塩味と共に味に深みを付けるために入れるものです。

今まで自分で使ったことはありませんでしたが、試しに買ってみました。

単価は十分の一程度です。

画像

左が豆鼓、右が一休寺納豆

味は、両方とも塩辛いのは一緒ですが、一休寺納豆の方が味が濃いです。
臭いも強い。

発酵している時間の違いでしょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック