小田原ローズフェスティバル

世紀のゴールデンウイークが終わった後、家族で温泉旅行のついでに、寄り道してローズフェスティバル開催中の小田原フラワーガーデンに行きました。

画像

狭い道をカーナビに従って行くと、迷うことも無く駐車場が見えて、無事到着できました。

フラ-ガーデン臨時駐車場とあったのは、諏訪の原公園の駐車場で両施設の間にありました。
かなり台数がはいる広さでしたが、天気の良い日曜日お昼前ということもあり、この駐車場も満車に近い状態でした。

駐車場もフラワーガーデンも無料、というのが寄り道先にここを選んだ理由です。

画像

この右側が駐車場です。

南足利市が見える丘の上です。

小田原フラワーガーデンの入口はすぐ、

画像

蓮の咲いている池や渓流梅林を通って、

画像

中央のアルカディア広場、
フラワーガーデンの駐車場はここにありました。こちらは駐車待ちの長い列ができていました。

ちょうどお昼でお腹もすいていたので、、まずは食べものを探しました。

パンの移動販売車がありましたが、残念!売り切れ。

建物の中にカレー等のテイクアウト窓口がありましたが、ここも食事類は売り切れ、その横にあった自動販売機にホットドッグとハンバーガーを見つけ、ようやく買いました。
この自動販売機はボタンを押してから温めているので、出てくるのに数分かかっていました。
後ろに列ができていたので、後ろの人を気にして2個しか買えませんでした。

3人と1匹で分けてお昼にしたのですが、温泉での夕食を考えると食べ過ぎないでちょうどよかったかな、と。

これで少し落ち着いたので、じっくりバラ園を鑑賞しました。

画像

ちょうど満開

画像

いろいろなバラが多数

画像

やっぱりバラは華やか

画像

つい記念写真を撮りたくなりますね。

画像

駐車場への戻り道で見つけたシラン(紫蘭)、時々見かけますが名前は知らんかった。

お後がよろしいようで。

犬が泊まれる温泉ホテル@湯河原

湯河原温泉組合のホームページに「犬が泊まれる宿」がありましたので、ポテトと一緒に泊まりに行きました。

画像

家族旅行を計画すると、いつも「ポテトをどうするの?」と奥さんに言われます。

史上最長のゴールデンウイークが終わって、うちもどこかに行こうと探していて、「コレドール湯河原」を見つけて予約しました。

当日は、湯河原駅前を車で通り過ぎて数分の湯河原温泉街の真ん中で、簡単に見つかりました。
見かけは豪華ホテル、石油業界健保組合の保養所だったということでバブルの名残が感じられます。

ドッグランが3カ所、

画像

以前テニスコートだった所と、前庭、そして室内(以前の宴会場)にありました。
ロビーも含めてほとんどの所が犬オッケーでしたが、ただ温泉だけは別でした。

チェックイン時に問題発生、指定されていたポテトの予防接種証明書を忘れていました。

画像

この為に、毎年恒例の予防接種を先月動物病院&トリミングハウスにお願いして、証明書を入手していたのですが、それを持ってくるのをすっかり忘れていました。

幸い当日は他の宿泊客が一組だけだったため、そのお友達に近づかない制限付きで宿泊を許可されました。

部屋は全部で13室、当日は他に一組だけでしたので、ゆったりできました。

部屋はベットが3台と居間スペースも広くて3人+1匹には十分、犬用のアメニティーもいろいろ備え付けてありました。

人間用の風呂はそんなに大きくはありませんでしたが、露天風呂もあってゆったり温泉気分を味わいました。

画像

夕食はフレンチのフルコース

画像

最初はアミューズ、前菜は知っていましたが前菜の前にうれしいものが付いていました。

本格フレンチにはこんなんがあるんだ、と家族の手前ですのでこっそり感心しました。

画像

気さくなウエートレスによると、このアンダープレートが今日出てくる皿の中で一番高額だそうです。

特注品とのこと、そう言われて記念写真を撮りました。

画像

この上にアミューズが出て来ました。

鳴り物入りのアンダープレートを使ったのは、最初のアミューズだけでした。

画像

前菜は和牛のマリネ、

牛肉のマリネは初めて、柔らかくておいしかった。

画像

この突き出しがあるのがチョット和風かと、地野菜、温泉タマゴ、??、サーモン

画像

凝っていて温泉タマゴにトリフが付いていたり、

そういえばアミューズのコンソメジュレにもキャビア(だと思うけど)が散らしてあったりしました。

この前のスープもハマグリの潮汁で和風だったので、聞いてみるとシェフが日本料理の経験者とのことでしたので、納得。

画像

魚のメインは金目鯛

ソルベも凝っていましたね。

ワインクーラーの氷菓とありますが、味が複雑で楽しめました。

肉はジビエの鹿肉を冷凍熟成した物でした。おいしく食べていて、写真を忘れていました。

鹿肉は歯ごたえがあると思っていましたが、ここのはとても柔らかく特有の匂いも少なくてとってもおいしかった。
ただ奥さんはチョット鹿の味で尻込みしてました。

始まる前に言えば料理を変えてもらえたのに。

画像

デザートもアナナスグラッセ、って?でしたが。おいしく頂きました。

画像

ポテトにも鶏肉のささみの食事が付いていて(ネット予約なので)、終わる頃にはすっかりゆりかごの中でおねむになっていました。

食事後は、近くの川沿いをポテトを連れて散歩ができましたので、奥さんにはすっかり満足してもらえました。

値段はチョット高かったですが。