皆既月食

「今夜は皆既月食」、とテレビで言っていたので外へ出て、皆既ちょっと前の月の写真を撮りました。

画像

昨夜21時51分に皆既が始まったそうですが、写真撮影は21時40分頃です。

安物のポケットカメラで夜の空を撮影するのはかなり難しいことが分かりました。

-----------

以上はタンさんから送って頂きました。

ポケットカメラでの撮影にしては上手に撮れていると思います。

「あまおう」と「ラーメン滑走路」

帰りは月曜日、まずは家族に期待されているお土産を物色しました。

画像

いろいろあるので博多駅にある「みやげもん市場」で、

画像

入口におすすめランクは展示されていました。

昔からあるお土産お菓子以外に、最新流行のものが多くあり目移りしますね。

昔だと、ひよこ(今や東京名物になったそうですが)、鶴の子、博多の女(ひと)、とか、二〇加(にわか)せんべいと鶏卵素麺はチョット古いですかね。


画像

イチゴが好きな子供のために、あまおうを使った美月、値段が手頃10個で千円を選択。

歩いて行くと、あまおうを使ったお菓子をイッパイ発見しました。

画像

あまおうのカスタードクリーム入りチーズケーキ、

試食させてもらいました。

おいしいのですが、いちごケーキのイチゴは酸っぱさがアクセント、刺激がないのがかえって残念なのかなと言う気がしました。

6時間持ち歩き可能というのも、旅行のお土産としてはひっかかるところでした。

画像

苺ひよこもありました。

他にあまおう大福もありました。

ただ、生の苺使ったお菓子は要冷凍でお持ち帰りとなり、残念ながら見送りました。

あまおう菓子はほんと!一杯ありました。

画像

空港に着いたのは11時、出発ゲートのある空港ビル2階フロアーには大きなイートインコーナーができていました。

昼食をココで食べるのも魅力的でしたが、フライトまで時間があるので迷わず3階へ、

画像

新しくできたと聞いていた「ラーメン滑走路」へいきました。

画像

ラーメン滑走路には10店のスペースがありますが、ラーメン店は9店で1店は伊藤園の茶店でした。

画像

全国のラーメンがありましたが、福岡ラーメンは4店、いろいろ悩みましたが今や全国区の博多ラーメンになった「一幸舎」にしました。

11時ちょっと過ぎなのでまだ空席も多くありましたが、店を出る11時半頃にはもう入口に列が出ていました。

画像

普通の博多ラーメン、900円なので空港値段でしょうか。

タマゴが丸マンマ入っているのは、切って写り良くしてほしいですね。

画像

定番の高菜と紅ショウガは別テーブルの上にあり食べ放題でした。

たっぷり入れておいしく食べました。

替え玉は150円!

画像

セキュリティーゲートを通った出発ゲート近くに一蘭もありました。

ラーメン滑走路ではなくこちらに移ったのでしょうか。

中を覗くと、隣の席との仕切りがありました。

暁のフライト

福岡に9時集合ということで、羽田発6時20分福岡行のANA便に乗りました。

画像

5時50分に空港に到着、早朝にもかかわらずターミナルは混雑していました。

始発だと思っていたのですが、その10分前にもフライトがありました。

そのままチェックインして、ボーディンゲートを歩いて行くと、窓からは朝焼けの景色が、

画像

客席に座ると、その窓から見える滑走路も朝焼けに染まっていました。

画像

ラッキーなことに今回のフライトでは富士山もゲットできました。

新幹線からは天気の関係でなかなか見えなかった富士山ですが、今日は朝焼けの富士山がきれいに見えました。

画像

去年6月のJALでは、機内WiFiが無料で使えました。

今回ANAでもと思い、座席ポケットを探すと機内WiFiの説明書がありました。

これによるとインターネット接続は40分で500円、と残念ながら有料でした。

画像

それでも無料サービスはいろいろあって、時間つぶしにはなりました。

画像

今夜の宿は祇園駅近くの山本旅館、

昔の温泉マークの作りですが、今は和風旅館として海外からの旅行客に人気だそうです。

曲がりくねった細長い廊下の奥に部屋があり、6畳と半間巾の廊下相当の板の間だけで、トイレも風呂も別でした。

この日は土曜日、タクシー運転手情報ですが、福岡は宿が少なく特に土曜日は宿泊者が多いので、料金が極端に高くなるそうです。

いろいろ探したのですが、手頃な料金のビジネスホテルが見つからず、6畳一間に男3人が泊まることにしました。

それでも日曜日のビジネスホテルのシングル料金よりはだいぶ高くつきました。

画像

夜はふぐ鍋を食べる会で懇親を深めました。

雪が降った

昨日は四年ぶりの大雪だっととのことで、

画像

ニュースでは都内の混乱ぶりを伝えていました。

画像

うちのベランダにも雪が積もり始めたので、こたつに雪隠りの準備を

画像

最近作ったばかりのキンカンの砂糖煮を紅茶に入れてみました。

好み的には砂糖を追加して、マイルドなレモンティーの感じを楽しみました。

画像

前日の日曜日は好天だったので、散歩中近所の公園では梅が咲き始めているのを見つけたばかりでした。

こたつから試験休みに入ったばかりの娘に連絡すると、

画像

「キャンパスが北海道大学になった。」、とのコメントと写真が来ました。

画像

夜中には木の上まで雪が積もっていました。


赤から鍋

正月休みで久しぶりに娘が帰ってきて「何が食べたい?」と聞くと、「キムチ鍋が食べたい」と、

最近大学近くの駅前に「赤から鍋」の店ができ、女子大生に大いに受けている、との話題を教えてくれました。

娘も食べてみるとおいしかったので、家でも作りたいとのことでしたので、

画像

早速一緒に近所のスーパーに行くと、「赤から」3番(一番人気と)の素が売ってました。

「赤から鍋」なるものは全く知らなかったのですが、キムチ鍋を名古屋味噌で味付けしたもの、だそうです。

「これこれ!」と早速購入、他にホルモン(マルチョウが良いとか)、溶けるチーズも購入しました。ニラがいると言っていましたが、野菜は高いので、丁度知り合いに送ってもらった白菜などの野菜があり、ピッタリでした。

画像

ストーレート型の鍋の素ですが、少し薄めにして野菜たっぷり入れました。

画像

コチジャンが必要との意見、これも買って来ていましたが好みで、

味はちょい辛で甘さたっぷりのキムチ鍋、「女子大生の好み」と言う味でした。
奥さんは刺激が足りないと、不満気でしたが。

画像


それでも皆大満足で鍋をさらえて食べ、シメはご飯を入れて溶けるチーズをたっぷり載せると、韓国風のチーズタッカルビでした。鍋にチーズはわがや風ではありませんが、おいしければ許される、でした。

年末の買い出し

今年は年末年始の買い出しに、洪福寺商店街に行きました。

画像

知り合いから、「やすいよ。」、と教えてもらいました。

正式名称は「洪福寺松原商店街」、庶民的な市場で、ハマのアメ横と呼ばれている市場ですね。

年末までまだ少し日にちもあったので、駐車場にすんなり入ることがで来ました。

画像

クリスマスの日、平日としては思ったより多くの人で賑わっていました。
それでも通りは混雑と言うほどではありませんでしたので、ゆっくり見て回れました。

今年高値の野菜も近所のスーパーより少し安く種類も豊富でした。

画像

魚屋も数件有り、店先に新巻鮭を出していた店では、メバチマグロを次々切り出してサクを計りに乗せて値付けし、並んだ客に売り出していました。

画像

お昼は商店街の中華食堂で定食、

値段も妥当、味はおいしかった。

---------------------------------

画像

高い野菜、九州の知り合いから家庭菜園で無農薬で作った野菜を送って頂きました。

届いた瞬間、大歓声でした。

横須賀

横須賀港の沖に停泊しているのは護衛艦、遠くに浮かぶシルエットから

画像

艦艇番号が見えないのではっきりとは分かりませんが、艦橋の形でいずも型と思われ、
今年進水した「かが」の最新シルエット画像が見つからなかったので、はっきりとはしませんが、「いずも」艦艇番号183ではないかと。

自衛隊の空母と言われているヘリコプター搭載用護衛艦です。

横須賀沖の海にはいろいろな船が浮かんでいます。

画像

今年6月に衝突した米海軍イージス駆逐艦フィッツジェラルドを載せた運搬船もいました。

地元の方はよく知っていて、「あれが衝突したイージス艦」と教えてくれました。

--------

小学生の頃はプラモデル作りが好きで、良く軍艦や戦闘機を作っていました。

小学6年生の時にクラスメイトを自宅に呼んで誕生会を開いたのですが、友達数人が航空戦艦長門のプラモデルをプレセントしてくれたので、夢中になって作った覚えがあります。

--------

画像


横須賀には戦艦三笠も展示されており、見学も出来るようですね。

画像

その他、NAGATOなんて船もありましたよ。

また、陸地の方にも前代の遺物もありました。

画像

第3海堡の遺構だそうです。

明治大正期に首都防衛のために作られた砲台、第2海堡が東京湾内の島として残っているので有名ですが、こちらは出来た直後の関東大震災で破壊され、海上交通の邪魔にあるので取り除かれたものだそうです。

挑戦:日本一長い餃子

以前日本一長い餃子に挑戦したことがあるので、転載しておきます。

画像

餃子は好きなので、ちょくちょく作っては食べています。

これだけでご飯代わりになるし、おかずにもなる、ビールのおつまみもオッケーな万能料理です。

2012年、どこかで「日本一長い餃子」の話を聞いてグーグって見ました。

「日本一長い餃子」は全長約157センチ、との記事の写真を見て、そうかグルグル巻けば良いんだと納得しました。

画像

同じように自分でも出来そうな気がしましたが、新たに餃子の皮をつくるのも大変なので、売っている餃子の皮をつなぎ合わせて長くする方法を考えました。

画像

餃子の皮1枚の大きさは8.5cmほど、

画像

これをつなぎ合わせて、グルグル巻いていきました。

画像

最終的にはフライパンに入る量24枚をつなげました。

これで推定の長さは8.5cm x24-1cm x23=181cmを達成、これで「日本一長い餃子」!

つなぎ目は1cmと計算しました。

画像

ちゃんと焼き上げて、

画像

ちょっと食べにくかったですが、おいしく頂きました。

みかん鍋

フルーツ鍋がはやっていると聞き、友達が送ってくれたみかんを使ってみかん鍋に挑戦してみました。

画像


友達は九州に在住で、地元の山川みかんはそのまま食べてとってもおいしかったです。

画像

おいしいみかんに感謝です。

一度に2,3個たべれるくらいおいしいみかんを鍋にするのはもったいない気もしましたが、少しだけと言うことで自分を納得させました。

画像

材料はみかん3個と白身魚たら、冷蔵庫にあったまいたけ。

その他に白菜と豚肉ミンチで肉団子を作りました。

画像

味付けした肉団子は下ゆでして、

画像

味は醤油少々の薄味で材料を入れて、

画像

最後にまいたけを入れてできあがり。

感想:みかんはなくてもおいしい鍋でした。鍋のみかんはたべやすかったですが特段のことはなく、名前だけの鍋、彩り的にはまずまずでしたが。

秋の味

銀座天一の天ぷらを奥さんと食べに行きました。

画像

お昼のセットメニューですが、目の前で揚げてくれる分、値段もそこそこでした。

画像

セットに入っていたのは、エビ、キス、アナゴ、カリフラワー、レンコン、そして最後に掻き揚げ天丼

画像

チョット珍しかったのは、アナゴが出てくる前にアナゴの骨が出て来ました。

カリカリしていてビールのおつまみでした。

エビの前にはエビの頭の素揚げもありました。

画像

お任せメニューの中にいろいろ秋の味が入っていたので、こちらから少し追加、

マツタケもありましたがこれはパス。

画像

天ぷらはあまり写真映えしませんが、ぎんなん。

ハゼも秋の味、最近はあまり食べたことはありませんが、子供の頃は自分で釣ったりして食べていた記憶があります。

そして丸十、これは何かと聞くと、家紋の丸に十の字で薩摩藩のサツマイモとのこと。

おなか一杯になって、奥さんにも喜んでもらって、一人6000円でした。これには私の生ビールも入っています。

日帰り秘め湯

ゴルフ仲間に誘われて、都内から箱根の秘湯に日帰りで行ってきました。

画像

お昼は小田原市内の海鮮丼屋・海舟でした。

「本日の地魚三種盛」は、ワラサ、キハダマグロ、ツムブリとのこと。

ツムブリはブリに似た大型魚、とのこと、初めて耳にする名前です。

画像

見た目新鮮、刺身の味はまずまずでした。

アオサの味噌汁は別注文、計1870円、ちょっと高いかな? 値段並みの味? でしょうか。

ここから国道1号線を登って、湯本を過ぎて宮ノ下の手前、大平台の分かれ道で山の中へ入って行きました。

平日なのに、1号線の湯本付近は車が一杯、歩いている観光客も一杯でしたが、この分かれ道を左に入るとほとんど車は走っていませんでした。だんだん道が狭くなって箱根登山鉄道の踏切を渡るとすぐ、10台ほどの駐車場がありました。

画像

友達に連れてこられたのは、大平台温泉・姫之湯、昔の銭湯の感じでした。

源泉に温度調整の加水をして掛け流し、安全対策は施している、とのこと。

画像

特徴はなんといっても44℃の温泉

お湯に入ると体中針に刺されてる様な感じは、昔小学生の頃の銭湯で、大人が入っている湯船に入ったときの感じでした。水道でうすめると大人に怒られていました。

ここの浴槽には水道の蛇口がなく、源泉の流れ口だけでした。

洗い場は5,6人分だけの小さな浴室と、熱い湯とあわせて考えると、家族で子供を連れて入りに来る温泉ではなく、このお湯が好きな年寄り(失礼)の温泉でしょうか。一緒に入っていた方と気軽に世間話、「小田原から通っている。この湯が一番だ。昭和18年生まれ、元気になる。」、との意見に納得です。

画像

入浴料は550円、二階に休憩室が有りここは別料金

ポイントカードが有り、10回来ると1回無料です。

可愛い名前の姫之湯は、秘めの湯ではないか、と思いました。

画像

帰りは湯本からロマンスカー、乾いたのどを潤しながらの楽しい旅でした。

回りは平日なのにほとんど満席、女性の団体客が多かった気がします。

大阪旅行

今年も秋の大阪旅行、もう何度も行っていますが期待ワクワクしながら、

画像


金曜日

ぶらっとこだまに乗りました。

ただ今回の心配は、帰宅する日に台風が来るとの天気予報、でした。

画像

車中の昼食は駅弁ではなく、朝食の炊き込みご飯で五目にぎりを作ってもらって持って行きました。
これはこれで「うん、おいしい」、奥さんに感謝

画像

新富士から今年も富士山の姿は見えませんでした。

大阪の宿、ビジネスホテルが高くなり、安い宿は見つかりにくくなりました。外国人観光客が増えたためでしょうか。

翌日はOB会、今回出席の同期の3人と相談して3人相部屋の宿を探し、新しく出来たばかりのプレイスホテル大国町(畳部屋12500円)が予約できましました

画像

夕方、集合場所のホテルに3人がそろってから、前夜祭を兼ねて食事へ出かけました。

大国駅へ行く途中、宿から近い場所で焼肉屋を見つけ、「サービスセット(7時まで入店)」の看板に引かれて入ってみました。

お店は焼肉一正(かずまさ)、肉5種類と1ドリンクが3000円弱とのこと

画像

左から、タン、サーロイン、ブーメラン、ゲタ(下駄の名札付)、アカミ、
各々小片肉厚、味はよかったです。

生ビール一杯と丁度いいおつまみの感じで、うまさも倍増でした。

画像

肉の呼び方、川崎の平城苑で見たのと少し違うとこもありますが、説明もあってこの図は分かりやすい。

画像

前菜を食べて下ごしらえが出来たので、大国町駅から二駅の心斎橋まで地下鉄で、御堂筋通りは豆電球で飾られていました。

画像

人の流れに付いていくと、御堂筋の西側商店街へ

外国人の声であふれていました。

(Ⅰ)こんなんありました

画像

1.大阪の自由の女神像を見つけました。

画像

2.いきなりステーキ、大阪にもありました。

画像

3.大阪王将

東京の王将と餃子比べも興味を引かれましたが、同行者の反対で残念

画像

4.串かつ田中を発見、大阪伝統の味が大阪に錦を飾った、のでしょうか。

(Ⅱ)道頓堀3点セット
画像

1.グリコと戎橋

道に迷ったりしながら道頓堀川へ、グリコのランナーに何年ぶりかで再会しました。

川岸を見るときれいに整備され、遊歩道も出来て、

画像

河には遊覧船が、乗客が手を振って橋の下を通り過ぎて行きました。

画像

戎橋は相変わらず賑わっていました。

画像

2.かに道楽

今回は懐の都合でパス、

画像

3.くいだおれ太郎

太郎だと思いますが。

画像

そのまま人混みの中をチョット歩いて千日前通り、

画像

結局メインはやっぱり刺身、そしてカニも少し、

焼酎と日本酒ですっかりみんな良い気分になりました。

画像

仕上げはラーメン「作ノ作」、千日前通りを歩いていて発見、人気のお店とのこと

画像

店長に写真撮影をお願いすると、快くオッケー、更に「タマゴ無料トッピングしてあげる、外人向けサービスだけどね。」、写真を撮ってあげてタマゴをゲット

画像

友達二人は浪速とんこつ

画像

私は炎の赤とんこつ、真っ赤なとんこつスープは辛さとうまみがたっぷり、スープも残さず完食しました。

画像

三人ともうまかったで合意、参考に値段が分かる券売機を載せておきます。

------
土曜日

翌日は、台風の前方雨雲の影響で朝から雨、

昼から梅田でOB会の予定なので、ゆっくりホテルを出て中之島を観光しました。

昨日の道頓堀からの帰りのタクシーの中で、「大阪見物はどこがいい?」と聞くと、運転手さんも「USJ以外ないよ」とのこと。

お昼までの時間なのでUSJと言うわけにはいきませんでした。

画像

地下鉄淀屋橋駅から地上に出て淀屋橋を渡ると、右側に大阪市役所が見え、

画像

その道路向かい側には日本銀行大阪支店、辰野金吾設計の洋風石造建築、

中之島には古い建物が多い観光名所でした。

画像

水晶橋を渡って、1時間かかって梅田まで歩きました。

------
日曜日

帰りの日は、神戸の友達に会いに行きました。

台風は予定より遅れてお昼前頃九州へ上陸、その後北東に向かってスピードを上げて近づいて来ていました。
そろそろ新幹線の運行が心配になり、予定より早めに切り上げ2時半に帰途につきました。

新大阪駅には3時20分頃に到着、駅ビルの東海ツアーズに行って相談すると、今はまだ動いているが今後は不明なため、原則変更できない「ぶらっとこだま」のチケットを変更してくれる、とのことでした。

本来は6時56分発でしたが、好きな列車の自由席でオッケーと言われました。それでも持っていたのがグリーン車だったので、次のこだま3時56分のグリーン席に変更してもらいゆっくり帰ることにしました。
(こだまでも台風より早いでしょう!)

ほっと胸をなで下ろして、お土産の赤福だけ買って乗りました。

画像

雨は降っていませんでしたが、雨雲は低くたれ込め、もう夕暮れの明かりになっていました。

画像

乗ったときは何も食べる気はしませんでしたが、さすがに浜松まで来ると何か食べたいなと、

浜松は5分間の停車時間だと確認して、ホームのお弁当売り場へ、うなぎ弁当は売り切れ、残念、

代わりにうなぎも入っていますと言われて1080円の浜の釜飯

ただ、容器はプラ、うなぎはチョットだけというのは残念、それでも三色丼(鶏そぼろ、イリタマゴ、菜漬け物)はそこそこにおいしく食べました。

画像

2時間早く帰り着いたので大満足でした。

その後近畿地方にはもろ台風が通過したとのこと、ラッキーでした。

コッペンどっと

友達からおいしいパン屋があると聞き、うちの家族はパン好き私一人がゴハン党ですが、行ってみました。

画像

コッペンどっと市ヶ尾店、時々前を通ると行列ができているのを見かけたことがありました。市が尾駅東口から南へ向かって下り坂を徒歩3分、丁度上麻生道路の交差点、上麻生通りに面してます。

「あれなに?」友達に聞くと、「コッペパンの店、おいしいので時々買っている。」、との返事でした。

コッペパン、懐かしい響きですね。我々の世代だと小学校の給食がコッペパン、脱脂粉乳ミルクに手こずりながらコッペパンはおいしく食べていました。

画像

お店に入ると黒板に描いた北海道木古内町の文字とお店の来歴が目に入りました。

できあがったパンがずらりと並んでいるイメージでしたが、思っていたパン屋さんとは違って、

画像

注文したパンをその場で作ってくれる、というものでした。

画像

表の看板ですが、20種類くらいありました。

お土産に、人気品の鶏ザンギ、牛コロッケ、豚肉焼きそば、塩ミルククリームの4種類を購入、計1,300円チョットでした。

画像

パンは昔のコッペパンとは全然違う食感、柔らかく美味、中身もおいしく調理されていました。

家族にも好評、お代わりが必要でした。

チョット高いけど並んでも食べたい味かな。

中身もいろいろ楽しめますし。

「いきなりステーキ」行きました。

小池都知事もよく行っているという「いきなりステーキ」に、初めて行きました。

画像

奥さんとお昼を食べようとウロウロしていると、「いきなりステーキ」を見つけました。

これがうわさの、と言うことで早速入ってみました。

お昼は少し過ぎた時間でしたが、椅子席は満席、立ち席で食べることになりました。立ち席オッケー、座り過ぎの生活なのでたまにはいいでしょう。

画像

私は看板にあった1300円のランチサービス300g、奥さんは200gが1200円でした。

手際よく出て来て、「焼き方はお好みで熱い鉄板で調整してください。」とのこと、切ってあるのですが、少し堅かったのでもう少し細切れで食べました。

出て来たお店の塩味に胡椒追加だけで、おいしいお肉でした。オリジナルソース、わさび等もあり、最後は少し味を変えて楽しめました。

「鉄板の追加加熱します。」との説明もありましたが、今回はTVで見た焼きめしにする前にご飯終了で、お腹も一杯になりました。

スーパーのステーキ肉の値段と変わらない価格なので、お得感一杯、お腹も一杯、肉食った感も一杯でした。

画像

お肉の量は注文でき、その場で切ってくれます。写真は550gのステーキを焼き上げた後の切り目を入れている物です。

もうこんな大きなステーキは無理になりました。

信州蓼科女神湖 2010年10月

このブログを始める前、初めて女神湖へ家族旅行したとき(2010年10月)の記録を残しておきます。

画像

上海に住んでいたぷりんちゃんとそのパパママから、この写真の蓼科女神湖畔にペンションを始めたとの連絡を頂き、ぷりんちゃんに会いに行きました。今年(2011年初めにこのブログを始めた時)「ブログぷりんの気持ち」を紹介して、ぷりんちゃんとぷりんママを紹介しました。

また、犬の泊まれるペンション梁山泊はそのぷりんちゃん一家です。

画像


ポテトを乗せての長距離ドライブで、高速道路にのってからもずいぶん走りましたので、途中双葉サービスエリアで休憩しました。

画像

ここはあの有名な山本勘助の地元でした。

それから、諏訪インターで降りて、ビーナスラインを通って蓼科湖→白樺湖の近くでもう薄暗くなり、少し心細くなりましたが、分かれ道に標識があり、女神湖まで1本道で迷わず無事ペンション村入口に着きました。
その時はもう真っ暗で、梁山泊を探すのも大変かと心配しましたが、村の入口のペンションが梁山泊でした。迷わず来れて、 運転手としては家族の手前、ちょっと自慢でした。

画像

白樺林の中に立つ2階建てのペンションは、新しく改装されていて、りっぱでした。
部屋は2人用でシングルベット2台なので、二部屋用意してもらいました。もう寒い位の季節だったのですが、部屋はとっても暖かく暖房して頂いていました。子供達もポテトもベットの部屋で大喜びでした。

画像

ゆっくりお風呂に入ってからの夕食は、北京風しゃぶしゃぶ、刷羊肉(シュワンヤンロウ)。北京では普通羊肉ですが、ここでは、日本人向けに信州牛と豚肉も用意されていました。銅製の煙突付きなべに炭火を入れてお湯を沸かしてその中に、なつめ、クコや人参等々の薬草を入れて、しゃぶしゃぶです。

画像

この煙突なべは北京名物で、特に夜、町を歩くと店先の露天テーブルで食事をしている人が、よくこの煙突なべで食べているのを見ました。この写真はなべの上に追加の煙突を付けて火力を強くしている状態です。
お肉や地物野菜もおいしかったのですが、きのこもとっておいしかったです。庭に生えてくるとの事で、お土産にたくさん頂いて来てしまいました。多謝
私とぷりんパパは話が盛り上がって、夜中まで飲みつ話つ時間の過ぎるのを忘れていました。

画像

食事が終わって、中国茶を振舞って頂きました。中国茶には作法があり、急須から小さな茶碗に一煎目の茶を注ぎ、茶碗を温めてからお茶を捨てます。その時、細長い茶碗にも入れて、そのお茶を捨ててから、こちらは残り香でお茶の匂いを楽しみます。
飲むのは二煎目です。渋みがなくまろやかな味が中国茶の特徴です。

中国式の茶館を開くのがぷりんママの希望です。そのため茶器はたくさん集めてありましたので、見るだけでも楽しめます。

画像

その間、ポテトはおとなしく待っていました。

画像

お礼に、ポテトの歌を披露しました。ポテトは救急車のサイレンの音を聞くと遠吠えします。バイオリンを弾くとそれに合わせて、同じように歌います。

画像

ティータイムも終わって、女神湖の周りを散歩しました。1周2Km程で丁度よい散歩コースです。
遠い帰り道を考えて、早めにペンションを後にしました。しかし、すぐに道を間違えて山奥へ迷い込んでしまい、結局引き返す事になりました。今回は運転手の面子が!
途中でお土産を買ったりして、更に時間を使ってしまい、遅い昼食になりました。
茅野市街地付近で食べようと信州そばのお店を探していると、なぜか大きな駐車場とデカイ看板で讃岐うどんの店があり、そこで昼食としました。みんなおなかが空いていたので、ここでもとってもおいしい印象が残りました。

帰りに休憩した談合坂サービスエリアでは、来場者を道路公団の特殊車に乗せたり、クイズで景品が当たったりと丁度イベントをやっていました。更に、ドッグランのスペースもあり、皆もポテトもゆっくり休憩できました。

帰り着いたのは、とっても疲れた夜遅くでした。そしてとってもおいしかった旅行でした。

家族の夏休み(2)

娘は夏休みに友達とニューヨーク旅行でした。

画像

夜ニューヨーク着、成田からカナダ・カルガリー経由で20時間

画像

JTBの1週間ツアーだけどホテルはタイムズスクエアの結構いいホテルでした。

画像

翌朝はまずホテル近くのトランプタワーへ、

画像

隣はティファニー、ここは見るだけ

画像

「ティファニーで朝食を」食べるわけにもいかないので、トランプタワー内へ

画像

有名ベーグル店「Ess-A-Bagle」

いつもの朝食ヨーグルトに比べ、でっかいベーグルだったので、おなか一杯

この後TVドラマ「ゴシップガール」の聖地めぐりへ

画像

ちなみに翌日の朝食は、トマトサラダ、これで十分

画像

この日はグランドセントラル駅からブロードウェイへ、

画像

ライオンキングを見ることが出来ました。

画像

ニューヨークのアイスクリーム

画像

今日はブルックリン、

画像

お昼は超大型ピザ、

二人で食べきれませんでした。

「ハリルジャパン、W杯出場決定おめでとう!」



つづく

家族の夏休み

涼しいところを目指して信州蓼科女神湖へいきました。

画像


今年の8月はお盆までは涼しくて、その後夏らしく暑くなって来たので、今回は丁度避暑に来たことになりました。

画像

夏になるとよく来ている梁山泊は、女神湖畔のペンション村にあります。

2015年ゴルフの宿
2013年家族旅行
2012年家族旅行
2011年家族旅行
2010年最初のお泊まり

画像


もうすっかりおなじみになっています。

画像

女神湖一周の散歩道、ポテトとゆっくり散歩すると1時間ほどでした。

合宿中のランニングしている学生に追い越されたり、散歩している犬仲間とすれ違ったり、高原の夏の花が咲いている湿地帯の中の木道を歩いたり、普段とは違ってゆったりした気分になりました。

画像

翌日は天気がよくなり、お父さんは東京から来た仲間と近くのサニーカントリークラブでゴルフでした。

画像

一方奥さん達は、梁山泊の盛りだくさん朝食をおなか一杯食べて、



ポテトを連れて近所を散策、女神湖で犬の水泳訓練をしているところを見かけました。

ポテトは水が嫌いでそんなことはできないので、非常感心

画像

「女神湖駅」という名のレストラン、駅舎の外のベンチで食べることができるとのことなので、

画像

ポテトと一緒にお昼にしました。

画像

食後もう一度散歩、ポテトは元気にまた歩き始めました。

画像

女神湖センターにはスワンボートとかもありました。

帰る日も好天、再びゴルフに行ったお父さんとは別に、

画像

観光案内図を元に蓼科山へ行きました。

画像

ゴンドラに乗って蓼科山中腹へ、湿原公園を散策して展望台へ。

女神湖が一望に見渡せました。

画像

お昼は女神湖畔の女神湖センターの食堂にある2階のテラス席で、信州そばでした。

画像

お土産は横川PAで買った「峠の釜飯」とキノコで作った味噌汁、これが晩ご飯になりました。

シャンパン・セミナー

ワインの輸入販売社「エノテカ」でシャンパンの試飲会があると聞き、出かけてみました。

画像

エノテカはワイン専門商社でワインの輸入販売専門の会社ですが、国内で有名なシャンパンよりは特定メーカーのシャンパンを品揃えしており、お得なシャンパンはないのか興味がありました。

昔技術者だった頃に海外出張がビジネスクラスだったバブル時代、搭乗して着席すると笑顔のスチュワーデス(当時)がシャンパンを持ってきてくれていました。特別な待遇だったので喜んで味わっていました。

最近はお祝いにはスパークリング・ワインが、値段の割にはおいしくて家族も一緒に飲めるので愛飲しています。

高いシャンパンも試飲できるとのことなので、値段によってそんなに違うのか確かめてみるつもりでした。

画像

店の中に空き箱を並べたテーブルの回りに、7人の方が集まっていました。

立ったままですが、テーブルに付くとウエルカム・スパークリングワインが出て来ました。

トーレス社(スペイン)がチリで作った、シャンパーニュ方式のスパークリングとのこと、昔JALで飲んだ味を思い出しました。値段は2000円台、この値段なら。

画像

試飲会の最初に出て来たのはスパークリングワイン「ビソル」、

色の白いあっさりした味わいを飲みながら、シャンパンの歴史、修道士ドン・ペリニオンの功績や製造方法などの説明がありました。

画像

結局出て来たのは、
①ビソル(スパークリング)北イタリア 2000円台
②ヴァランタン・ルフレーブのブランドブラン 1万円弱
③ルイ・ロデレーヌのブリュット・プルミエ(上の写真) 7000円台
④ルイ・ロデレーヌのフィリュップ・スタルク・ボックス(最初の写真) 1万6000円

②~④はシャンパンで、③と④がエノテカが特に推薦しているルイ・ロデレーヌ製です。ルイ・ロデレーヌはシャンパーニュ地方に20カ所ほどの自社ブドウ畑を持っており、全ての製品を自社農園のブドウで作っている、という大手としては特異な会社だそうです。

画像

資料の中に甘口辛口の呼び方表がありました。

今回試飲したのはすべて辛口(ブリュット)、一番高い④は大辛口(ブリュット・ナチュール)色はゴールドで複雑な味でした。

飲みやすかったのは③ブリュット・プルミエ、少し甘みも感じるシャンパンらしい(と思いました)味でした。香りもシャンパンそのもの。

この2本は抜いた直後に注いでもらったので泡も強く、先の①②よりもおいしく感じました。

高いシャンパンは飲む機会も少ない(ないと言ってもいいですが)ので、4000円弱で1時間いろいろ楽しみことができました。

熟成ざぶとん

友達に連れて行ってもらった焼き肉屋さんがおいしかった、と娘にせがまれて案内してもらいました。

画像

京急川崎駅近くのビル3Fの平城苑

最近焼き肉屋さんから足が遠のいていたので、喜んで家族一緒にお供しました。

画像

熟成肉が売りのお店、入口の保温ボックスにはタンがつり下げられ、肉の塊がおいてありました。

画像

友達のお陰で豪華な個室に案内してもらいました。

画像

「お薦めは?」と聞くと、「ざぶとん」とのこと

座布団のような形状の熟成肉の塊、と説明がありなんとなく納得、
お店の前にあった牛の部位図(最初の写真)からは、リブロースのことですね。

これは高級高価なので、家族4人で200g注文しました。

画像

目の前で表面を軽く焼いてから、調理に持って行かれました。

画像

出てくるまで、普通のカルビーとロース、これも熟成肉でおいしく食べました。

画像

そうこうしているうちに出て来ました、名札付きの「ざぶとん」

中はレアの一口大に切ったローストビーフ風ですが、食べてみると柔らかくて肉の味がバツグン

わさび醤油、特性タレ等いろいろありましたが、一番おいしかったのは岩塩と生胡椒でした。

一人当たり何枚食べられるかなんて、考えながら味わいました。

画像

最後はビビンバを皆でシェア、追加のカルビーを乗せるとおなか一杯だけどおいしく完食できました。

久しぶりのお肉一杯、店によってお肉の味も違うのがよく分かりました。

お支払いも結構でしたが、また行ってもいいかな。

びっくり

ママの誕生日に、スパークリングワインを買ってきました。

画像

イタリアのスパークリングワイン、カ・ディ・ライオのロゼ

画像

開けるのは私の仕事

画像

力が入ってきたので、ママも後ろで応援

画像

ポンと大きな音がして栓が抜けた瞬間、ビックリしました。

娘が撮った手ぶれ写真ですが、

画像

アップにすると驚いているようすがよく分かります。

みんなびっくり