子供が大きくなると車が小さくなる。

11年乗ったビスタの車検時期が来た為、更新を準備していました。
画像

十数年前二人目の子供が生まれ、ベビーシートとチャイルドシートを後部座席に乗せ、諸々の荷物も多くありましたので、ワゴンタイプのビスタにしました。

今までは、駅までの送り迎えと買い物、年に1,2回の家族旅行位で、77千キロしか走っていません。年間7千キロ程度です。

まだ2年間は十分走れそうでしたが、ディーラーさんに進められ新車を検討してみました。

今後はますます走る距離も減っていきそうなので、目標はコンパクトカー。

まずは今話題(10月は乗用車販売台数一位)のアクアに奥さんと一緒に試乗、ハンドルの取り回しは軽快でした。ハイブリットである点で今までとアクセルの感じが異なっていました。

ハイブリット車で気になっていたのが電池寿命です。携帯電話の電池は2年毎に取り替えていました。

走行用の電池は10万Km又は5年保障ですが、私みたいに10年程度乗るつもりの場合は、途中で電池交換が必要になりそうです。ディーラーさんの話では、プリウスでやっと電池交換が時々みられる様になったそうです。

通常のエンジン車と同じ電池も積んであり(これは気が付きませんでしたが)、こちらは通常の車と同じ様に交換する必要があります。

同時に試乗したヴィッツ、同じく軽快で価格も適当でした。

両車で比較すると、燃費の良さは価格差をカバーできるほど走らないため、うちではヴィッツの方が向いています。アクアで有利なのは下取り価格で、5年程度で乗り替えを考えるなら、ステータスも含めて今一番人気はうなずけます。プリウスがずっと一番で、街中でも本当に良く見かける様になりましたので、今は少し違ったアクアに価格も含めて人気が集中している状況かと思います。

対する日産のノートも試乗してみました。
家族で大ファンの嵐が最近宣伝を始めた新型ノート、娘からも「次はあれがいいね。」と、宣伝が始まった直後から言われ続けていました。

試乗したのはつい数日前(多分?)から潤クンが宣伝を始めた金色のノート、奥さんの感想ですが、シートが固く安定感があるが、ドアミラーが小さい、運転はトヨタと日産の違いみたいなのがあるけど、簡単な点は一緒、との事です。
画像
嵐一人一人の等身大パネルが5個店内にあり、奥さんは写真を取りまくっていました。

このパネルがもらえるなら買うよ、と交渉しましたが、当然これは無理筋です。


見積を依頼(価格はヴィッツと同レベルでした。)する事で、小さなエッグの中に入ったピンバッチをもらいました。
画像


3車種を比較した結果、トヨタがヴィッツの特別仕様車を大幅割引してくれましたので、新車を購入する事に決めました。

子供が大きくなったので、大きな車は不要となり、小さくなりました。

10年後の次回は、軽になりそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック