パリロンドン8日間の旅(6)オイスターカード

ロンドンに出発前に日本で購入できるものを予約、その一つがロンドンの地下鉄(アンダーグラウンドです)とバスのビジター用オイスターカードです。

画像

パスモとかスイカのロンドン版です。

英国政府観光庁オンラインショップで購入、カード代5ポンドと20ポンドをチャージして当時のレートで3841円、家族4人分の送料は1週間程度(ほぼその通り)の普通郵便1480円。
レートは153.6円/ポンド(当時の為替は150円~155円)だった。

市内なら1日最大6.4ポンド(朝夕ラッシュ時以外、朝夕ラッシュ時を含むと11.7ポンドmax)とのことなので、マル3日間乗り回してもチャージした20ポンドはチョット多すぎたかもしれません。まだ少し残っているはずなので、再訪問を期待して次回に使いましょう。

画像

このショップに観光地の入場券もあり、ロンドン塔と、ろう人形館と他3カ所のセット入場券を購入しました。

説明ページには、①混雑が避けられる、②入場券は20%お得、とありましたが、

ロンドン塔は24.5ポンド、マダム・タッソーろう人形館(含むロンドン・アイ、水族館、シュレック・アドベンチャー)が59.4ポンドになり、お得か?の検証はしていません。

これらは約8%のVAT(たぶん日本の消費税)が含まれていますが、英国のVATは含まれていないので、20%安いと言う意味でしょうか。

他の観光予定の大英博物館は入場無料(結局今回は行きませんでした)なので、あとバッキンガム・パレスとビッグ・ベンを外から観光すればこれで十分かと。

画像

ロンドン塔の最寄り駅は、タワー・ヒル、

入場券は、メールで受取→プリントしたeチケットを入口の発券窓口に出すと写真上のものに交換してもらえます。

更に入口内の売店にて日本語ガイド用レコーダー(?ポンド)を貸してもらいました。写真下のAudio Guide図にある数字のところで案内を聞くわけですが、その先に進む方向がよく分からなくて、結局どこの説明か途中で分からなくなりました。

この近くのタワー・ブリッジは、橋を渡って見学するだけ、世界で2番目に高い建物シャードも近くに見えます。

画像

マダム・タッソーろう人形館の最寄り駅は、シャーロック・ホームズの事務所があったベーカー・ストリート、
こちらの入場券は、まず最初にろう人形館でセット券4枚を全て交換する必要があり、

メールで受取→eチケットをプリントアウト、ろう人形館前でこのプリントを見せると(確か)2番窓口へ行けと言われ、並んでいる人が比較的少ない交換窓口にて、写真のものに交換してもらいました。

ろう人形館はその日のうちに入場すること、他の3カ所は半年以内だったか、クリスマス前まででした。

画像

そのままろう人形館へ入場、出る時に買ったガイド本は15ポンド?だったと。

画像

ロンドン・アイはビッグベンのテームズ川対岸、ウエストミンスター駅を出るとすぐ見えます。ウエストミンスター橋を渡って、ロンドン・アイまでの間に、ロンドン水族館とシュレックアドベンチャーもあります。

このロンドン・アイでは乗る前に写真撮影され、その写真とアルバムが20ポンド。

出口にショップがあり、タックス・フリーの呼び声に誘われてTシャツを3枚購入。

ここはウォタールー駅にも近いのですが、こちらから行くと高いビルの谷間に出てロンドン・アイが見えず、結構ウロウロしました。

画像

ここで道を聞いた婦人警官から防犯パンフをもらいました。いろいろな警官の写真や地下鉄の路線図も付いていました。警察は101、消防と救急車は999です。

次の水族館では、シーライフ募金だけが目に付き、出口のショップは素通りしただけでした。

画像

シュレック・アドベンチャーでも写真撮影がありました。

アルバム20ポンド、キーホルダー2個5ポンド、追加の合成写真5ポンド、計30ポンド

これらのアルバムはあとで考えると結構高かったので、買ったのは勢いかもしれませんが、大切な思い出にとっておきます。

★パリロンドン8日間の旅(1)到着
★パリロンドン8日間の旅(2)パリ観光
★パリロンドン8日間の旅(3)ユーロスター
★パリロンドン8日間の旅(4)ブリック・レーン
★パリロンドン8日間の旅(5)ロンドンの味
★パリロンドン8日間の旅(6)オイスターカード
★パリロンドン8日間の旅(7)ロンドン観光・上
★パリロンドン8日間の旅(7)ロンドン観光・下

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック